" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

コーラが不眠の要素になると聞いた事あるけど?

投稿日:

今現在不眠になってしまうという方は多くなってきていますが、その中でも生活習慣病の中から起こっている要素の不眠も少なくありませんが、更に細かい内容を言ってしまうタイトルでもある「コーラで不眠になるのか?」という内容なんですが、今回はこの部分を深掘りして話していきましょう。

 

 

 

コーラが不眠になる要素として可能性は否定は出来ない

 

 

 

まあこれはぶっちゃけて行って否定派出来ないんですよね。

 

 

 

どういう事かというと、当たり前なんですけど摂取の内容に問われる事になるので、そりゃ飲み過ぎたりとかしたら不眠に陥ってしまう要素は、栄養素的な見解から見て十分あり得るというのが私から見た答えではあります。

 

 

 

もう一度言いますよ(笑)「コーラで不眠になる可能性はある!」と思って頂いて大丈夫です。

 

 

 

へっ?コーラでなっちゃうの?(笑)コーラ飲めないじゃん(笑)って思っている方もいるかもしれませんが、当たり前のことを言いますがコーラだけの話ではないので気を付けてくださいね。

 

 

 

コーラはダメでサイダーはOKとは言ってませんからね(笑)

 

 

 

当然同じ条件になってしまいますので、飲み過ぎてしまったら当たり前ですがサイダーでも不眠になる要素を持っていますので気を付けましょう(笑)

 

 

 

さてここでコーラやサイダーを飲む事で何故不眠になってしまうのか?なんですが、理由としては「ジュースに含まれる糖分の問題」「ジュースを習慣にしてしまうと基礎代謝が追い付かない」という内容を詳しく不眠に繋がる視点で話していきましょう。

 

 

コーラやサイダーなどが不眠に繋がる理由は恐ろしい糖分の量が原因です

 

 

普段皆さんが飲んでらっしゃるジュースなんですが、恐らく美味しそうに飲んでいる事だと思われますが、その中でも夏場の作業の後のコーラやサイダーなどの炭酸は更に美味しさを引き立たせるのではないのかと思うんですね。

 

 

 

しかし、美味しいのは事実ですし認めますが、健康に対して良い事なのかと言われたら否定してしまうのも事実になってしまいますので、現実的にはコーラを始めたジュースも健康を害する要素は沢山入っていて、それが想像を大きく超えた糖質の量がひときわ目立っている内容になっています。

 

 

 

知らない方もここで教えますが引かないでくださいね(笑)(これ聞いてからジュース辞めた人もいる位なので)

 

 

 

問題のコーラに入っている糖分の量は「缶ジュースで例えたら5分の2以上は砂糖が入っています」と聞いたらどうでしょう?

 

 

 

糖分お菓子とかで摂取していなくても、ジュースの内容によっては飲んでいるだけで物凄い糖質が体内に入っているという事になっているという事です。

 

 

 

そうなってくるとその糖分の量がジュースを飲む量に依存してしまうので、体内の糖分の含有量が多くなってしまうという事になってきますね(詳しくは砂糖と不眠は実は大きな関係があるので注意!!を参照)

 

 

 

当然多くなればなるほど、血糖値も爆発的に上がってしまうので、脳に対しての活動力も低下(血液が糖質が多くてドロドロに変わってしまう)事から不眠に繋がるという方は多いです。

 

 

ジュースを飲み続ける習慣を行ってしまうと基礎代謝が追い付かなくなって不眠になってしまう

 

 

これも正直なところ間違いないですね。

 

 

 

私が働いている心療内科に受診する方の中にも生活習慣からくる不眠の方も多いのですが、その中でジュースを多く飲まれている方もいらっしゃるんですね。

 

 

 

その方の話を伺っていると、一日にペットボトルのジュースを3つくらい飲んでいるという方もいらっしゃいまして、そうなってくると運動していない人の場合は完全に糖分含有量が、日常の基礎代謝量を大幅に上回ってしまいますので、そうなってくると当然先ほどの内容と同じ血糖値が大きく上昇して脳に負担が掛かってしまう事により不眠に繋がってしまうという事になりますね。

 

 

 

実際になんですが、こういった感じでジュースを習慣的に飲んでいる人が不眠になっているという方は案外多いんですよ。

 

 

 

コーラで不眠にならない様にするためには

 

 

当たり前ですけど習慣にしているのなら運動をするのに加えて量を減らす事が一番になりますね。

 

 

 

要は糖分を余分に体内に入れてしまわない状況を作りましょうという事になりますので、これに関しては本当にそれ以外の方法は無いと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

運動する事に対して基礎代謝を増やして、そして体内に入る投資るの量を制限する事で血糖値の上昇を抑えるという概念になりますから、これ以外の方法で日常生活の中でやっていくという流れは難しいです。(病院の薬とかの対応になってしまうので、出来るだけ自分の努力で頑張ってみてください。)

 

 

0カロリーコーラはいいんじゃないの?

 

 

これも出来ればやめておいた方がいいかもしれませんね。

 

 

 

何故かというと本当に0カロリーでは無いからなんです(詳しくいってしまうと0カロリー表記は100ml5カロリー未満なら0カロリー表記して良いというだけであって、実際に糖質は使っています。

 

 

 

なんならこのダイエットコーラー系で糖尿病になった方もいますので、どちらにしてもジュースは良くないという事になるんですね。

 

 

結論

 

 

正直な事を言ってしまうとコーラで不眠になるというのは、前回記事にも書いた日常生活内での生活習慣の要素から出てくる原因になってきますので、やはり糖分量が多ければ多い程リスクが大きくなるのはコーラも同じで、飲み過ぎたら飲み過ぎた分血糖値が上がって基礎代謝も追いつかなくなり脳に対しての負担から不眠になってしまう事はあるでしょう。

 

 

 

なのでコーラは美味しいですが、普段から癖になるように飲まない様にしないと後が本当に大変になりますので、出来るだけ自身で生活習慣を意識して気を付けるようにしましょう。

-精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.