" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

不眠症でお茶は内容によっては実は関係している

投稿日:

不眠症に関しては色んな原因から引き起こされる事はあるんですが、その中でも「普段飲んでいる物の中でも多いお茶」でも不眠症になるのっていう疑問がありましたが、今回は「不眠症がお茶でも」実は起きる可能性があるという内容を話していきましょう。

 

 

不眠症でお茶が何故関係しているのか?

 

 

まず「なんでお茶で不眠症になるんだよ!」って突っ込みたくなりたいのは分かりますが、結構真面目に言ってますのでこのまま話を聞いていきましょう。

 

 

 

結論から言ってしまうと「お茶によって不眠症に関わる事が起こる」のは間違いありません。

 

 

 

ただそう聞いてしまうと「お茶飲めないじゃん」と思われる方が多くなるので、誤解されない様に話をしていくんですが「全てのお茶そのものに不眠症の原因がある訳では無いので注意してください」と言っておきましょう。

 

 

 

何を言いたいのってなりますが、これから話しますので安心してください。

 

 

 

何故お茶で不眠症の状態が起きてしまっているのかというと、実はある成分がお茶に入っている場合に、そのお茶を一日に多く飲む事がある場合は不眠症になってしまう可能性は人によっては高くなるんですね。

 

 

 

その問題の成分とは「カフェイン」なんですが、お茶の中には含んでいる物もあるので購入する前に注意して確認してみましょう。

 

 

 

では何故お茶の中に含まれている成分で「カフェイン」があると不眠症になってしまうのかの体験談と理由を詳しく書いていきましょう。

 

 

お茶に含まれる成分のカフェインで不眠になった体験談

 

 

これは私の高校位の体験談なんですが、結構水分を摂取するタイプで結構飲むんですが、その時に私が良く飲むものとしてはお茶だったんですね。

 

 

 

部活はしていない、今みたいに携帯が進歩していないからプライベートは動画やゲームをする事も無いという感じで、テレビやDVDばかり見ていた日常の私だったんですが、気付いたら寝つきが悪くてすぐ目が覚めてしまうという状況に陥ったんですね。

 

 

 

凄い不思議な状況になってしまっていて、それが続くものだから心療内科に連れていかれて話を聞いてもらうんですけど、正直私は心当たりが全くなかったんですね(学校もプライベートも楽しかったので特にですね)。

 

 

 

したら先生が思春期のストレスって言っちゃったんですけど、私は思いました、、、絶対違うよね!ってなりますので、心療内科の医師が言っている事はすべてアテにしない様にしましょう。(詳しくは不眠症専門医を謳っている心療内科が多いが、、を参照ください)

 

 

 

それで私も寝れないなりに不眠になっている原因を調べてみて、コーヒーの成分がカフェインは寝つきを悪くするから気を付けないとって思ってお茶を飲もうとして、ふと気になったから栄養表示を見てみたらカフェインと書いてあるんですね。(しかもずっと同じお茶を大量に飲んでいたのでショックでした)

 

 

 

ではカフェインが不眠になる理由の方に進みましょう。

 

 

不眠症がお茶の成分であるカフェインで怒ってしまう理由

 

 

これは原因としては一つだけになるんですが、要はコーヒーにも多く含まれているカフェインは覚醒作用を引き起こすものが入っているんですね。

 

 

 

結構勉強している時に徹夜で行おうとしている際、寝ない様にブラックコーヒーを飲んだことはありませんか?

 

 

 

あれは徹夜の作業中に寝ない様にカフェインを多く取り込み、睡魔から無理やり覚醒しようとしている事なんですね。

 

 

 

それをお茶に入れ替えて話をしていきますが、私の体験談の中の話ではカフェインが入っているお茶を1日3リットル近くは飲んでいたので、全部を含めてしまうと結構なカフェイン摂取量になっていたのかと思いますね。(恐らくブラックコーヒー数杯分相当は、、。)

 

 

 

実は私が働いている病院でも似たような経験で不眠症になられた事がある患者さんもいて、先生が栄養関連の事は凄く詳しいのでカフェインの摂取量を指摘して、その部分を気を付けたら実際に改善できたという事実はあるので、お茶の中のカフェインが不眠を起こしていたというのは間違いなさそうですね。

 

 

不眠症でお茶のカフェインが入っていないものを探すには?

 

 

実はお茶の中でカフェインが無いというのは難しいんですね。(というより無い)

 

 

 

対策としてカフェインが無いお茶を探すのではなく、「カフェインが少ないお茶を探す」という気持ちを持って探してみましょう。

 

 

 

栄養表示を見ても分かりにくいと思うので、以下に私が今まで飲んできて大丈夫だった不眠にならなかったタイプのお茶を紹介していきますね。

 

 

あくまでも参考までにカフェインが少ないお茶

 

 

基本的に妊婦さんの様な扱いになってしまうような気がしますが、是非妊婦さんでも参考にされて下さい。

 

 

 

1、麦茶(値段も安くて冷やしても美味しい定番の夏の飲み物ではありますね)

 

 

2、タンポポ茶(これはノンカフェインで冷え性対策としても良いお茶になります。

 

 

3、黒豆茶(今では結構聞きますよね。ノンカフェインの中でも美容にも有名なお茶になるので、女性の方の購入率は高いですね)

 

 

4、ハーブティー(これらはノンカフェインが多いです)

 

 

結論

 

 

まとめとして言いますと「カフェイン量が多いお茶」だったり「摂取したカフェイン量が多すぎたり」した場合はお茶であっても不眠症になってしまう方がいるよという事なんですね。

 

 

 

基本的に普段カフェイン量を気にしてお茶を買うという事は無いと思いますので、もしお茶を飲んでから眠りにくくなってしまったという場合は、上記のカフェインが少ないお茶を検討してみてはいががでしょうか?

-精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.