" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

不眠症でアイマスクは効果は実際にあるのか?

投稿日:

今不眠症は結構多い病気の問題は年々増しているんですが、勿論不眠症で悩まれている方は様々な対処法を行われていますが、その中でも夜の睡眠時に「アイマスクを使用」する事で不眠症の症状を緩和することが出来るのか?今回はこの部分を話していきましょう。

 

 

不眠症でアイマスクの効果があるのは人それぞれである!

 

 

なんでもそうなんですけど、サプリメントでも以外の内容のものでも基本的には個人差というものがありますので、正直言ってアイマスクの効果も効果がある人もいれば、そうでない人もいるが現実的な所でしょうね。

 

 

 

アイマスクとは基本的に睡眠を行う時に「視界を閉ざして真っ暗にする」道具になってしまいますので、そういう真っ暗な感じが落ち着くという方にとっては、結構アイマスクが効果があるのは間違いありません。

 

 

 

しかし反対にアイマスクが合わない方はどういうものかというと「落ち着かない」という気持ちが先に出てしまって、逆に鎮静できず興奮してしまった事で眠れなくなってしまったんですね。

 

 

 

ではアイマスクの効果がある人とそうでない人の違いが何が違うのか?を具体的に話していきましょう。

 

 

アイマスクで不眠症に対して効果がある人の特徴

 

 

基本的に普段の性格的に落ち着いた所が好きだったり、一人の落ち着いた空間を好む方の場合は結構効果があるという方は多いですね。

 

 

 

なので結構アイマスクを使う人の共通点だったり、イヤホンで音楽を聴いている人の特徴としては、単純に音楽を聞きたいという方もいますが、実は中には「外の状態と完全に分けたい、要するに自分だけの空間を確保したい本能が出てる」という事な方は多いでしょう。

 

 

 

基本的にアイマスクを使う時の一番の共通点と特徴というのは「自分の世界に入ることが出来る安心感」があるからこそ、アイマスクを装着しても寧ろ安心をして睡眠を取りやすいという感じになります。

 

 

 

なのでアイマスク自体が効果があるという考え方では無くて、アイマスクを使って外界と自分の感覚を遮断する状況を確保する事で自分の世界を作って(妄想的な感覚です)疑似的な安心感を作って睡眠時の鎮静を作り出す事が出来て睡眠を起こす事が出来る効果があるという事ですね。

 

 

アイマスクで不眠症に対して効果が見込めないタイプの特徴

 

 

 

基本的に一人の空間でいて落ち着かない人はアイマスクの着用は向いていないのかなと思われますね。

 

 

 

何故そんな事言えるのかと言いますと、一人の空間で落ち着かないという事は、アイマスクを使う意味として視界を閉ざして自分の空間を作るという内容に対して余計孤独感に対する不安を煽ってしまうので反対にストレスになってしまうという事です。

 

 

 

それは当然なのかなって思うのが、そういう方っていうのは基本的に一人の空間が苦手という性格という訳で、誰かが側にいて落ち着く、その類似した何かがあって(ペットなど)安心できるというタイプになるので、無理やりアイマスクを着用して自分の世界に入らせてしまっても、逆に不安から興奮状態になって寝付けないので普通の不眠症の症状を更に悪化させてしまいます。

 

 

 

なのでこういった対策を取って悩まれて心療内科に来られている方も、全くいないという訳では無いので基本的には「ストレスを感じる位なら最初からやらない方がいい」という風に先生も言ってらっしゃってましたね。

 

 

不眠症でアイマスクが合わない方の対策法

 

 

基本的に不眠症でアイマスクを装着して寝れる人は、「一人の空間や暗い空間が落ち着く」という状態で、見事にアイマスクを使う条件に見合っているんですが、これが反対に条件として会わなくて装着している人がストレスになってさらに眠れない方向けの方で対策をしていきましょう。

 

 

 

実際問題なんですがアイマスクで不眠所の対策にこだわっているのなら、極論なんですがアイマスクにこだわらなくていいというのが私の意見です。

 

 

 

実際にアイマスクは暗い状態と一人の空間を作るものになりますが、反対にアイマスクが合わない方は暗いというより明るい気持ちになる方が安心感を増すわけで、その対策というのがアイマスクをせずに「身体の末端部分を温める」とか、ヒーリング音楽を小音量でほんのり聞こえる範囲で流す事で、安心する事も出来ます。

 

 

 

簡単に言うと聴覚や触覚(温度)でリラックスできる空間のイメージを新たに作るという事になりますね。

 

 

 

アイマスクが合わない方の方法としての内容の一例なんですが、基本的には暖かい物や優しいもののイメージを持つ事で安心しやすく鎮静がかかって眠りやすさは上がります。

 

 

結論

 

 

不眠症でアイマスクを使うという方法に関しては、使う人の元々の性格で全然結果が変わるという事を覚えておきましょう。

 

 

 

1、一人の空間が好きな方は、アイマスクにより視界を外と遮断して自分の空間を作る事で安心して睡眠できる。

 

 

2一人の空間が苦手な方は、アイマスクを付けると反対に孤独感を煽って興奮させるので目が覚めてしまう。

 

 

 

という事で合う合わないがある事から、合わない場合は特にアイマスクにこだわらずに他の自分に合った方法で試すというのが一番だと思います。(ただ基本は優しく温かいイメージに合うものが一番良いと言われています)

 

-精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.