" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

不眠症の治療が心療内科で出来ない現実(要注意)

投稿日:

近年では不眠症も大きな問題になってしまっていますが、その不眠症を治す為に心療内科に受診して通院している方も多いですが、実は心療内科では不眠症の全てを治す事が出来ないという事実を詳しく話していきましょう。

 

 

不眠症の治療が心療内科で難しい理由は薬の成分が合わない事が多い

 

 

不眠症となると当然改善する為には心療内科や精神科で睡眠薬を処方してもらい、睡眠が出来るようにする取った感じにしてもらいたい事になります。

 

 

 

まず誤解を生まない様に言っておきたいんですが、不眠症でも軽度のものでしたら心療内科の薬で十分に改善できますので、軽度の場合は重度になる前に是非心療内科へ相談してみましょう。

 

 

 

という事で今回は重度の不眠症の心療内科での治療が難しいという事を言っている訳なんですが、何故難しいのかというと「薬の成分と身体の状態の問題」と「心療内科の医師の診察力の問題」が一番の問題になっておりますので、今回はその一番多い2つの部分を深掘りして話していきましょう。

 

 

重度の不眠症を改善するのが心療内科で難しいのは薬の成分と体質が合いにくい

 

 

これは実は結構多い問題となっているのですが、何故か?っていうと重度の不眠症を薬で対応していくとなると、当然「成分が強い薬と睡眠薬の種類が増える」という問題が出てきますので、当然成分が強くなって種類が多くなって強い効き目を期待して処方している場合は多いですね。

 

 

 

しかし一番問題なのが、そうなってしまう事によって「身体に対して負担が掛かりやすく特に脳に対しての負担が掛かる状況を作ってしまう」という事になります。

 

 

 

脳に対する負担が掛かるというのはどういう事かというと、薬の成分で無理やり興奮の状態に対して鎮静を加えているようなことになってしまいますので、これに対してこの状態のずっと繰り返して行っていくとどうなっていくでしょうか?

 

 

 

最終的な所から言ってしまうと興奮と鎮静のバランスが悪くなってしまい(性格的なものではありません)、血液の流れる血管の収縮や拡張のバランスがおかしくなってしまうという事になりますので、そうなると脳に対しての血液の流れ方が悪くなるという事になり、脳が落ち着きたいけど落ち着けないと言ったような症状になってしまい、不眠の症状が更に悪化してしまいます。(詳しくはパニック障害は自律神経の乱れの原因から来る!の脳血管の原因の仕組みを参照)

 

 

 

実は長年不眠症に悩まされて年々症状が酷くなっているという場合は、薬の成分が合っていないという可能性がありますので心療内科を変えてみるのも一つの手ではあります。

 

 

心療内科の診察力の問題から重度の不眠症が増えていく問題が深刻化している

 

 

これも結構本当に深刻な問題になってしまいますが、実はこれは本当に事実の内容になっています。

 

 

 

私が元々重度の不眠症(精神病を伴っていた)時には、当然色んな心療内科の方に受診してましたし、そして色んな診察をしてくれる先生を見てきています。

 

 

 

それで私が思ったのは軽度の不眠症の内容なら、成分が弱めの睡眠導入剤で改善する事が出来るので、弱めの不眠症の方からしたら名医に見えてしまいますが、これが重度の不眠症の患者さんの場合になってしまうと、その診察の難易度は大きく変わってしまうんだなって思いましたね。

 

 

 

その理由としては薬を出してもらって、眠れはするけども現状の薬を変えたら眠れなくなるって強い不安の状態に対して、医師もどうすれば良いか分からないという感じになってしまって、しかもどの薬を試しても「身体の血液の流れの問題を考えてない」という所にも繋がってしまう為、結局改善どころか酷くなってしまったという例は多くなっています。

 

 

 

もっとひどいのはこれに対して、自分の基準の診察に対して間違っているとしても「他の可能性を考慮しない」という医師が凄い多いので、間違った診断を出されたまんまで本当の症状が分からないままという状態に陥ってしまう方が多いのも事実にもなってしまいます。

 

 

こういった状態だと上記の様に適当に薬を出されているという可能性も十分高いので、おかしいと少しでも思われたらセカンドオピニオンを検討して見た方がいいでしょう。(そもそも心療内科で自分に合う所を探すのは難しいので、その理由は精神病の病院探しは実は難しいので注意!!を参照ください)

 

 

不眠症の治療は心療内科でも治す要素の努力が必要である!!(これ凄く大事です!)

 

 

これについてはどういう事かというと私の体験談を元に話していくんですが、重度の不眠症で心療内科の治療では不十分だという事になります。

 

 

 

深掘りして話していくと、重度の不眠症の治療に関して薬(全部が正しい薬ではない)で対処しようにも成分の副作用によって、身体の血液の循環の変動によって脳の興奮と鎮静のバランスが悪くなってしまい、それが更に不眠を強めてしまう事が多いので、先ずは薬だけで治る可能性は非常に少ないんです。

 

 

 

そこでどうすれば重度の不眠症を改善する事が出来るのか?というと単純な事で私も改善出来たんですけど内容としては「血液循環を正常にする事」が重要になるという事になります。

 

 

 

実際に私も血液循環の状態を正常に近い状態に戻してもらう事で、睡眠が薬なしでも徐々に取れるようになってきたので、実は「不眠症は薬での解決ではない」という事になります。

 

 

薬以外の方法で血液循環を挙げて不眠症を改善する方法とは?

 

 

それは血液循環を低下させている原因である血管や神経を圧迫されている筋肉をほぐしてあげて、全身の筋肉に対しても同じように対応する事で全身の血液循環が改善していく流れになると、脳の血液循環も改善していくという事にもなりますので、脳の血液の流れが正常になるという事は脳の活動も正常になるという事です。

 

 

 

つまり興奮や鎮静のコントロールも正常になるという事から、不眠症になる脳の不利な部分を改善していく事が出来るという事にもなりますので、是非整体や整骨院で治療を検討してみてください。(結構眠りやすくなりました。)

 

 

 

又は習慣的に行って欲しいので「定期的に運動を行う」事も立派な改善方法になるので、「筋トレを行った後に有酸素運動を行う」という事をすると、これも実体験談ですが改善しました。

 

 

結論

 

 

簡単に言ってしまうと不眠症になってしまって心療内科任せにし過ぎてしまうと、実は薬の成分が本人の体質に合わないという事もあるし、重度の方になると体質(血液の循環の問題含む)を考慮して診察している医師は少ないので、内容によっては悪化してしまう恐れもあるから気を付けてください。

 

 

 

そして不眠症の改善で重度の方を改善するとしたら、心療内科以外の自分でも行える努力も必要性が高いという内容をお伝えさせて頂きました。

 

 

 

私の経験上推奨は出来ますので、是非試してみてくださいませ。

 

 

-精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.