" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

恋愛以上の関係の精神病での悩みと本音

不倫と鬱の関連で実際に起きた夫婦の話(要注意)

投稿日:

これは前回の双極性障害の関連の話を実際に結婚してからの起きた話を体験談で話させていただくんですが(詳しくは浮気と鬱病においては彼氏も理解が必要です。を参照ください)今回は浮気をされた側の目線で書いてみようと思っています。

 

 

 

実際に嘘でしょ!?って思われる方もいらっしゃいますが、本当にあった話になりますので仮に貴方のパートナーが双極性障害で不倫と鬱の関連性が非常に強い方がいらっしゃいましたら、気を付けて今回の内容を読んでいただく事を推奨いたします。

 

 

 

※今回は体験談なんで双極性障害に関しての詳しい説明は上部にある浮気と鬱病のリンクを参照くださいませ。

 

 

 

不倫と鬱の双極性障害の問題でパートナー側は結構えっ!?ってなる事が多い

 

 

これは実際に私の兄の奥さんの話になってくるんですが(その分リアルな話になる事をご了承ください)、一見普通に見たらどこにでもいる女性の方でもあるし、会話の内容も全然普通の印象が強いんですね(あくまでも初見での話ですよ!!)

 

 

 

実際に兄の性格に関しては特に問題はありませんし、身内の私から見ても性格的に温厚ではありましたし、家庭向きという言葉で片づけても良い位の人格者といってもいいくらいの方が、実際にどんな大変な目にあったのかを話していく私の胸が苦しいですが、実際に双極性障害を知らないで付き合う結婚するという事は大変なので、是非知ってほしいという願いもありますね。

 

 

 

実際に知って頂かないと、双極性障害の方の「躁鬱」「抑鬱」の状態に対応できなくて、最終的に「えっ!!」ってなってしまう事もあり、普通なら離婚騒動のオンパレードになる所が、私の兄はそれに耐えて奥さんも症状が徐々に落ち着いて、今では幸せに暮らしていますね。

 

 

 

それでは実際に起きた夫婦生活の中でのえっ!?って思わせる内容に関してですが「急に浮気心が出て生活の中から消える」「パートナーに対しての気持ちが消える」という内容が私に対して大きかったので、この部分を詳しく話していきましょう。

 

 

鬱と不倫の関連で急に浮気心が出て生活の中から消える体験談

 

 

これは状況から説明させて頂くと、私の実家に兄夫婦が住んでいたという事で(部屋が広かったし沢山あったので)奥さんも一緒に住んでいました。(キッチンは別の所にあるので実家ではあるけど二世帯住宅に近いです)

 

 

 

私の家庭はそんなに相手を束縛するような家庭でもなく、物事を極端に強要するような家庭でもありません(一般的な協力をしますが)

 

 

 

という感じで過ごしていく中で、急に奥さんが家から消えた!って言われて「なんで!?」って兄に問いただしても「俺が知りたい!」という感じで兄にも身に覚えは無かったんですが、すぐ帰ってくるだろうと思っていたんですが全然帰ってこないで最終的に家に帰ってきたのが「2か月後に帰ってきて理由が浮気で出来た彼氏の家に住んでいた」という事でした。

 

 

 

この時は兄も双極性障害については知らなかったので、当時は凄く起こって離婚の話を大きく進めようとしたら、奥さんの家族が土下座して双極性障害の事をそこで初めて話されて「300万円位積まれて離婚だけはって言われて今回の事を水に流す」事になったんですが、後から知ったら躁うつの状態になって旦那さん概要がいなかろうが、欲求が先行して善悪が分からなくなる行き追うに近いみたいですね。

 

 

 

しかし身内がやられた事になるので、正直私はショックだったため双極性障害の事を理解しようとしても、起こしたことが起こしたことになるので、兄の奥さんを中々認める事は出来ませんでしたね。(お姉さんと呼びたくなかったので)

 

 

 

不倫と鬱の関連で双極性障害の場合はパートナーに対しての気持ちが消える

 

 

これも本当に違和感を感じる事が出来るレベルでしたね。

 

 

 

例えば普段は兄の事が好きなのが、それで凄く兄に対して甘えている所も結構見かけるんですが、急に兄と距離を取っているような感じの違和感を感じた事がありますので、兄に聞いて「何かあったん?」と言っても、兄は「全然心当たりがない」という感じだったので当時はなんでかなって思っていたんですね。

 

 

 

しかしこれが双極性障害の完全な抑うつの状態になってしまっている時に、身近な人間に対しても関わりたくないという状態に陥ってしまっている事も、人によっては起こるみたいです。

 

 

 

そしてそれの気持ちが大きくなってしまって限界を超えてしまったら、現状の状態に対して逃げたいという気持ちが強くなって「他の状況に移行したくて浮気をして家から消える」という事になったみたいですね。

 

 

 

それでその時が極端な状態になると、家の中でも夫婦間の会話がほとんどない(普段は凄く多いのに)、じゃれ合う様な事もあったのに全然ないみたいな状態に急になるものだから、何があった!!ってなるんですよね。

 

 

 

兄からしても「心当たりが無いのにこういう態度を取られるとなんだこいつ」っはなっていたみたいで、結構私が兄の奥さんに対する愚痴の聞き役になっていましたね。

 

 

不倫と鬱の関連である双極性障害の人と一緒に住むと凄い気を使って気が滅入ります

これは今度は私の体験談になりますが、正直双極性障害という認識を相手の家族から話を聞いてから、そこから気を使い日々が多かったです。

 

 

 

一番は兄夫婦が出ていって二人で住んで欲しいのが私の悩みですが、そうなるといつストレスから抑うつになって躁うつに移行して家から消えるという事をやりかねないので、やはりどうしても実家で観察しながら対応して欲しいという兄の願いは仕方なかったですね。

 

 

 

そしてその奥さんは強い精神病の原因から基本的に働く事ができない状況で(詳しくは彼女が精神病で結婚するには相当覚悟が必要ですを参照ください)

 

 

 

そういった事から家にずっといるので、私の家族は常に気を使っている事が多いです(怒りたくても言い方次第でいなくなるかもしれないという事になるから)

 

 

 

なのでその奥さんに気を使っている家族の方が気が滅入って、寧ろこちらの方が逃げ出したかったですね。

 

 

 

そしてそうやってストレスが大きくなってきたので、暫くは私は兄の嫁を見るのも嫌な時期があったので、友人の家に暫く住んでいました。

 

 

 

私の母も極端に気を遣おうとしていたので、結構母の方が兄の奥さんより参っていましたね。

 

 

 

今でこそ症状はかなり改善していますが、もし改善していなかったら私は完全に家を出ていたでしょう。(それくらい日常で気を遣うのが辛かったです)

 

 

結論

 

 

不倫と鬱の関係での実際の身内に起きた体験談を私の目線で書かさせて頂きましたが、私の普段は病院で様々な精神障害の方を相手にしているけど、病院の中ではあくまでも病院の中だけになるので、その中だけを接していればいいけど、身内にいるとなると家の中程気を使いたくない空間なのに、それで気を遣わされるのは本当に苦痛になりますね。

 

 

 

実際に私の兄も双極性障害の奥さんを持って、夫婦生活のストレスからか急に兄と距離を取って「抑うつ」の状態になったり、そしてそれが急に「躁うつ」の状態になってしまって、急に家から消えだして彼氏作って同棲されたみたいな事に繋がってしまいますので、それを避けるために本当に周りの協力は必要とは言いますが、気を使うこちらが辛いです。

 

 

 

やはり一緒にいる側からしたら「離婚して欲しい」って人間的な意味では思ってしまいますからね。

 

 

 

最終的に何が言いたいかというと、今回の私の経験を踏まえて鬱と不倫の関連性が高い双極性障害(類似したもの)の方と将来を共にするのは本当に大変なので、結構覚悟をして望んでくださいませ。

 

 

 

頑張ってください。

 

 

-恋愛以上の関係の精神病での悩みと本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.