" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

恋愛以上の関係の精神病での悩みと本音

彼氏が鬱病の場合彼女はどうしたらいいのか?

投稿日:

恋愛の悩みというものはいつでもどこでも尽きないものにはなりますが、特に最近では精神病に絡む恋愛面の悩みは増えてきている傾向にあります。

 

 

 

特にうつ病を始めとした精神病の方と交際している方で悩まれている方は決して少なくないので、今回は彼氏がうつ病の場合彼女は実際にどうしたら良いのか?を話していきましょう。

 

 

 

※今回の内容は体験談を元に話していきましょう。

 

 

彼氏が鬱病になった原因から遠ざける様に接しなければいけない

 

 

これは基本的に彼氏であろうが彼女であろうが、そしてどの鬱病にかかった方に対しても言える事になりますが、本当に原因から遠ざけるというのは最低限の配慮になりますので、ここは本当に気を付けてください。

 

 

 

基本的に鬱病になるというのは基本的にトラウマとなるトリガーがあるパターンが多いので(大なり小なりでも)、本人にとってはどんな楽しい状況であっても思い出しなくないものになる事や、触れられたくない要素になりますので、これがもしトラウマを刺激するものなら酷い方になるとパニック障害を引き起こす方もいるので、本当に気を付けなければいけません。

 

 

 

当然彼氏と付き合っている彼女、もしくは最近彼氏が出来た彼女にとっても、「うつ病の彼氏」と付き合う事が初めての場合はどうしてよいか分からない方は本当に多いし、寧ろ精神病に対して理解を持つこと自体も結構難しい中で接していかなければいけません。

 

 

 

なのでここからは遊びで付き合っているでは無く、真剣に鬱病の彼氏を大事にしたいという彼女の方が読む事を推奨いたしますが、鬱病の彼氏と付き合う際に、鬱病の原因を遠ざける内容としては「否定的な態度や意見を持たない事」「守ってあげるという位の母性が強い事」の要素が必要になりますので、この部分を詳しく話していきましょう。

 

 

鬱病の彼氏に対して否定的な態度や意見を持たない事が大事です

 

 

これはどういう事かというと「うつ病になった男性の方は弱っているけどプライドがある方が多い」というパターンが多いんですね。

 

 

 

なので彼氏が言っている事がおかしいからと言って否定してしまうと、逆上してしまってDVに発展する事もあれば、反対にショックを受けて更に鬱病を強めてしまう可能性もあるし、否定的に接すると「嫌われてると思ってしまう」事から彼氏にとっては悪いイメージにしか捉える事が出来なくなっています(例えどんなに正しい事を言おうとしてもです)

 

 

 

ではどうすればいいのか?と言うと簡単に説明すると「彼氏の意見に同調する様にすればいい」という事になりますね。

 

 

 

例えばおかしい意見を言っている人しても、反論するのではなく「頷いてあげて、そうだねと言ってあげる」という事をするだけで大きく変わってきますので、先ずは話を合わせてあげる事から始めてみましょう。(勿論それだけではいけませんので、徐々に彼氏の意見に頷きながら正しい方に誘導してあげる様にする事が大事です)

 

 

 

鬱病の彼氏に対して守ってあげるという位の母性が必要です

 

 

これについては本当に鬱病の彼氏にとって、そういう母性が強く優しい女性の存在は大きく重宝されるでしょうね。

 

 

 

言い方を変えたら女性の方にとっては、鬱病の彼氏に対して極端に言ってしまうと「子供と同じくらいの目線」で見てあげる位が丁度良い位の寂しがりだったり、甘えたがりになってしまっている方は多いので、そこを容認できるかどうかで大きく変わってきます。

 

 

 

基本的に連絡も寂しさが強くなればなるほど「独占欲が強くなるという事になります」ので、連絡の数も凄く多いという事もあるし、更に束縛の量も多くなってしまう事から「友達と遊びに行ける状況も極めて少ない」という事から、鬱病の彼氏と付き合うと言いう事はそれだけの事を覚悟していなければいけません。

 

 

 

そういった意味で「子供を守ってあげる母親のような母性」が必要という意味になりますので、もし本当の意味でうつ病の彼氏の事が大事と思っている方は、是非この部分を理解していただく事が必要になりますね。

 

 

 

※鬱病の症状度合いによりますので、書いたある内容までの状態に行かない事もありますのでご了承くださいませ。

 

 

鬱病の彼氏と本当に関係を続けたいなら精神病の理解は必要です

 

 

一番鬱病の方と交際して別れる際に多い原因としては「精神病の理解がない」というのが最も大きい理由となりますので、まず私も心療内科で働いていますが、家族であっても精神病を理解している人は少なく、それで精神病の方を更に追い打ちしてしまうという事も珍しくないので、本当に私からも思うのが精神病に対しての理解は本当に今後更に必要ではないかと思われます。

 

 

 

でないと自分が精神病でない場合は相手が病気のふりして楽しているのでは?と思っている方や、精神病は甘え!と思っている方も現在でも非常に多いので、実際にそれで精神病が悪化されてる方も多いので、鬱病の彼氏と関係を続ける際は、理解する事が大変であってもそれが無いと恋愛が長続きする事が無いという事を言いきりましょう。(詳しくは精神病は病気ではないという人もいるが実際は?を参照ください)

 

 

 

実際に今も精神病の方は増えてきているので、当然精神病の方と交際する方も増えてきてはいますが、理解できている方が増えたかというと、そうではないので今後精神病の方が増えてきていること自体は間違いないので、精神病の理解に対しての必要性は年々益々と必要になってきているのは間違いではありませんよ。

 

 

 

特に男性の彼氏になってくると、プライドは高いけど反撃してしまったらショックを受けやすいという状況の方が多いので、そこに関してもしっかり理解しておかないと、付き合ったら更に症状が悪化してしまったという例もありますので、是非頑張ってみましょう。

 

 

結論

 

 

結構今回の内容については心療内科に来る男性の患者さんを通して結構多い問題ではあったので(精神病の理解に対して)、それだけ彼女に否定的な意見を言われたり、甘える事を否定されている方が多いんだなって思いましたので、本当に好きなら理解してあげる事、そうでもないなら傷が浅い内に分かれてあげる事が、鬱病の彼氏の為に出来る事になります。

 

 

 

実際には大変な事は多いけど、それでも困難を乗り越えていく覚悟が無ければ、鬱病を始めとした精神病の彼氏との交際は難しいでしょう。

 

-恋愛以上の関係の精神病での悩みと本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.