" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

精神病や鬱の生活と本音

精神病で子供の環境次第ではこれからも増加していくのは何故?

更新日:

精神病という症状から沢山悩まれている方も多い中、現在も子供の精神病で悩まれている方も明らかに増えていく中、一番気になる何故子供の精神病が増えているのか?という原因分部と対策点を詳しく話していこうと思います。

 

 

精神病で子供の環境次第で増えていくのは3つの原因から発生している

 

子供の精神病の原因 

 

基本的に現在も増え続けている子どもの精神病が起こる原因は決まった環境下のものとなり、それは「家庭環境によるもの」「学校生活によるもの」「塾などの環境によるもの」の3つの要因から起こっている事が多いですね。

 

 

 

実際に上記の3つの要因からの原因による精神病に関しての心療内科での相談は年々増加しているのも間違いはありません。

 

 

 

そこで要因ごとの原因を説明していきましょう。

 

 

精神病で子供の環境で家庭環境による子供の精神病の原因とは?

 

家庭環境の中で起こる子供の精神病

 

これはよくあるのが、「子供への間違った教育意識が高い両親の価値観」もしくは「生活重視で家庭間の温度を優先しない価値観」のいずれかから精神病になる原因になってしまいます。

 

 

子供への間違った教育意識が高い両親の価値観とは?

 

勉強を強要しすぎて子供が精神病になる

 

今でいう一番多い例で言うと「勉強的なもの」が当てはまるでしょう。

 

 

 

特に親である立場の人間から自分の苦労を子供にさせたくない一心や、世間体を主体とした意味で「学力を上げて良い学校と就職先を意識させる」事を子供に強要してしまう事から、そのストレスで受験ノイローゼを含んだり、思い通りに行かない事から立ち直れない状態の精神病を発症させてしまうというケースは非常に多いです。

 

 

生活重視で家庭間の温度を優先しない価値観とは?

 

 

これも今の世の中での過程では決して少なくありません。

 

 

 

その理由として「今の世の中共働きが多く」そして「核家族」の世帯が多いため、学校とか終わって家に帰ったにしても「一人でいる事が多い」状態が長いという事で、「孤独感を感じて」「家庭の温度を感じる事がない」方向性で育ってしまう方は少なくないという意味なんですね。

 

 

 

例えば食事を家族で食べない環境、休みの日に起きたら誰もいない環境、それをずっと過ごしてしまう事によって「孤独感による鬱」になってしまう事で精神病になってしまう事もめずらしくはありません。

 

 

精神病の子供の環境で学校生活による子供の精神病の原因

 

学校生活の精神病の原因

 

これはダントツで「イジメ」が原因になるものが多いですね。

 

 

 

これは学校生活を送るほとんどの子供たちが「状況によっていつでも対象になりえる事」であり、「些細な事でいじめに遭ってしまう」リスクを負っているという事になります。(特にリストカットもこの時期に多いので気を付けてください!※関連記事は子供でリストカットは精神病のサイン(体験談)を参照)

 

 

 

そして運悪く小さな事でも状況がこじれて「イジメの対象になった場合」が、イジメている相手に対して強いストレスを抱えてしまう事をするので、それが酷くなった場合に状況を拒絶するようになり精神病に陥るケースは少なくありません。

 

 

精神病で子供の環境で塾などの環境による精神病の原因

 

塾など学ぶ環境からのストレスからの子供の精神病

 

これはどういう事かというと「競争意識が強い状況を生む環境が強い所」で過ごす事から、塾にもよりますが今回私が話すタイプの塾は「学校で言うと特進レベルの学力を強く意識してる」の事を指します。

 

 

 

この手の塾がどういう塾なのかというと、「仲間意識というより潰しあい」の意識が強いやり方と考え方を持って行っている塾も少なくはないので、塾生である子供たちも「ランク付けの基準で」踊らされている事から、成績が不調になってしまって目先の評価が落ちてしまう恐怖で常に緊張状態になっている事になります。

 

 

 

ただこうなってしまうと「一つの些細な失敗」で大きな挫折を感じてしまい、ずるずると落ちてしまい精神病になってしまう子供も多くなったのは間違いありません。

 

 

※追記 塾でなくても比較される事で優越感や劣等感を持つ子が必ず出てくる

 

比較

 

塾では競争意識を持つ事で向上心を煽るという事を多く行われていますが、その内容で上手くいった子は当然優等生として見られ、上手くいかなかった子は劣等生としてランク付けをしているという事は、そういう意味になってしまうんですね。

 

 

 

それに家でも自分自身の環境と、他の周りの環境を比べたりしたりという事も珍しくないので、些細な事でも自身が劣っているというのがあれば「劣等感をもってしまう」キッカケになってしまいます。

 

 

 

そして親も気付かずに子供を叱る時に「子供のクラスメイトの優等生を例えて比べたりする発言をする」事からも、その子供にとっては親からも「自分は劣っているんだと言われている様なもの」に聞こえてしまいますので、そういった意味では家の中からも劣等感を持つキッカケを作る事は少なくありません。

 

 

 

また学校の中でも「テストや通知表や体育の授業というように目に見えるもの」の内容からも自分が優れているか劣っているかが分かってしまいますので、それを学校の先生が煽ってしまったら尚更子供にとっては余計劣等感を感じさせてしまいますので、そういう事から学校でも比較というものが存在しているのも間違いないでしょう。

 

 

 

更に分かり易く言ってしまうと受験で言う所の「合格と不合格の関係」になりますが、これが正にその部分に対しての「成功者と失敗者」を分けるという事になってしまいますので、この部分からの精神病による引きこもりになってしまう方は多いですね。

 

 

 

上記の内容により劣等感が強まって行けば行くほど「それを開き直っていくか」「それを重く受け止めてしまうのか」になりますが、問題は重く受け止めてしまう方にとっては、今後も比較され続ける度に精神的苦痛を感じてしまう事が多く、比較という内容でも子供の精神病を増やしてしまっている原因となってしまっています。

 

 

精神病の子供の環境の問題から精神病の原因に対しての対策

 

子供の精神病の対策

精神病の子供の環境の問題に対して家庭環境による原因による対策

 

 

これに関しては子供のご両親対して話す事になりますが、まず「学力のハードルを挙げない」事を推奨します(これだけで多くの精神病のリスクを減らすことが出来ます)

 

 

 

そして家庭の中で時間が無くて子供と接する事が出来ない場合は、会える少しの時間でも構いませんし最悪電話でも構いませんので「プレッシャーとは真逆のリラックスを促す言葉」をかけてあげてください。

 

 

 

一番いいのはたまにでもいいので、家族の時間を作る努力が子供の精神病を改善するきっかけを作る事が出来ます。

 

 

精神病の子供の環境の問題に対して学校環境(いじめ)による原因の対策

 

 

これに関してはイジメられているのが本人の場合は、勇気を持って学校の先生や親に相談してみましょう。

 

いじめがある場合は一人で考え込まないで

 

これでもし相談しても応じてくれなかった場合は、学校をずる休みしてもかまいません。(無理して通学しても悪化してしまうリスクがありますし、子供の声に応じない先生や親に意見を言われる筋合いはないので、あなたはあなたの精一杯身を守る事をしましょう。)

 

 

 

これが両親が見ている場合、子供が何故そういう行動を取っているかを「何故?」と疑問をもって考えるようにしましょう。

 

 

 

その何故?の疑問を持って、子供の様子をちゃんと見てあげる事によって、子供の学校が原因による精神病を防ぐことが出来るでしょう。

 

 

精神病の子供の環境問題に対して塾によるストレスの原因の対策

 

 

これに関しては子供というよりも、親の方が子供の緊張感によるストレスに気づいてあげる他方法がありません。

 

 

 

先ずは子供の将来は子供が決めるものなので、もしご両親である貴方たちが「良い就職の為」と勝手にレールを引いて子供に無理強いさせているのなら、成功すれば将来的にも良いのかもしれませんが、どちらかというとリスクが大きいので失敗してしまったら精神病の原因を大きく引き出してしまう事になります。

 

 

 

なので子供のペースで進める範囲で暖かく見守る気持ちで行きましょう。

 

 

精神病の子供の環境の問題に対しての結論

 

 

家庭環境と学校環境と塾の環境と様々な状況での精神病のリスクがありますが、これは結論で言うと精神病を防ぐ事が出来るのは「子供の異変に早く気付く」事が一番精神病にならない近道だと覚えておいてください。

 

 

 

そしてそういう気持ちを一人でも多くの方が持つ事により、将来の子供の精神病の予防になる事は間違いありませんので、子供の事をしっかりと観察してあげてくださいね。

 

-精神病や鬱の生活と本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.