" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

精神病や鬱の生活と本音

コロナウイルスで鬱になる方は今後増えてくる

投稿日:

令和2年よりコロナウイルスで大きく悩まれている状態になっていますが、現状状況としては悪化している傾向でもあり、安心して外を歩ける状態では無くなってしまいました。

 

 

 

そんな中でコロナウイルスが収束するまでの期間で鬱になる方が増える理由を今回話していきましょう。

 

 

 

コロナウイルスで鬱になる人が多い理由は様々な不安と制限があるから

 

 

基本的にコロナウイルスによって現状大幅な損失を被った方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

今もコロナウイルスによって様々な悩みだったり不安を感じてストレスを感じている方はいるでしょうし、今後もそんな方は増えて行く事になるでしょう。

 

 

 

そしてそのストレスが大きくなっていく事によって、そしてコロナウイルスの状況が悪化していく事によって精神的な負担は大きくなっていき鬱の症状が起こりやすくなってしまいます(ストレスと精神病の関連は精神病がストレス更に大きく増幅させるを参照ください)

 

 

 

そこで今回はコロナウイルスが鬱になる原因としてはどういったものがあるのか?一番の問題はこの部分になるかと思われますが、実際の所「将来を含めた現在の不安が大きくなっている問題」そして「行動が制限されている事からのストレスの問題」が多いので、この部分を深掘りして話していきましょう。

 

 

将来を含めた現在の不安が大きくなっている問題

 

 

これはコロナウイルスによる問題で多くの方が直面している問題ではあるでしょう。

 

 

 

というよりもこの問題を避けて通れている方は1%未満だと言っても過言では無いし、そしてそれ以外は常に不安に煽られる状況に身を置いているという感じになりますので、正直状況は凄く悪いと言っても過言では無いでしょう。

 

 

 

国からの補償が収束するまで完全に満足いく内容で行われるのなら、余計な将来的な不安を考えなくてもいいのですが、これが実際に本当に行われるのか分からないし、そしてそんな話が実際に無いので将来仕事を辞めさせられるのか?自営業をしている方は廃業するしかないのか?という不安を常に抱えて現在生活をしている事になります。

 

 

 

そして今現在も給付金の話が出ていますが、これもぶっちゃけて言ってコロナウイルスが原因により損失した分の補填が出来るかというと、それが難しい方の方が多いでしょうし、そして今現在の補償内容では不十分と全員思っている事から更に不安が増してストレスが増していく事になります。

 

 

 

そしてそのコロナウイルスが長期化していくとなると、その状況はさらに悪くなってしまうので鬱を始めとした精神病のリスクは高くなってくるのは確実でしょう。

 

 

行動が制限されている事からのストレスの問題

 

 

これについても自粛しているという内容の問題から起こるものになりますが、何も出来ないというのも実はストレスが溜まるものなんですね。

 

 

 

これが先の事に対しても何も考える必要がない内容ならば確かにストレスを抱える問題では無いのですが、今回のコロナウイルスに関しては生活面の不安から働きたいけど、経済自体が止まっている状況に完全に近い状態になっている事から、要は動く事は出来るけど動く状況が封じられている事による苛立ちや不安が増してしまうタイプのストレスになりますね。

 

 

 

そして更に遊びに外に出る事も出来ないし、ショッピングも楽しむ事も出来ない、ストレス発散の為に飲みに行く事も出来ないという感じになって家に閉じ込められている感じになって余計にストレスを誘発されてしまう状態になってしまいますね。

 

 

 

コロナウイルスで鬱になる人を抑制する事が出来るのか?

 

 

これに関しては国次第という感じになりますね。

 

 

 

正直な話人間的な原因なら、まだ対策も練りそうではあるんですが相手は自然災害になるので、それに関しては収束しないと話が進まないのです。

 

 

 

なので今の現時点で鬱になる人を増やさない様にする事が出来る方法というのは、国が将来的な不安を解消できるような補償を国民に提供し続けていく事が必要不可欠になりますが、今の時点で大きな不安やストレスを抱えたまま毎日を過ごしている状態になっているので疑問は強くありますね。

 

 

 

今回の対策という対策は実は運任せの要素が強くなってしまうのですが、本当に国の補償がどこまで行われるのか?そしてコロナウイルスがどこで収束する事が出来るのか?という部分になりますので、この部分がストレスの大小を分けて鬱の症状の多少を決めると言っても過言では無いでしょう。

 

 

 

基本的に自分でコロナウイルスの鬱の状態の環境を改善するというのは難しいでしょうね。

 

 

結論

 

 

今回の鬱になるという内容になりますが、人間相手だったり正体が分かるものに関してなら対策の練りようがあるのですが、それがいつ改善するのか分からない、今後悪化するかもしれないと不安を煽る正体不明な内容の事柄からのストレスの問題になるので、改善の対策を考えようがないんですね。

 

 

 

実際に収束が2年かかると言われているので、その期間ストレス的に耐えれるかというと、不安の内容だったり行動の制限内容を考慮しても結構難しい問題ではありますね。

 

 

 

なのでこのコロナウイルスに関しては、早く収束する状況が出来る事や国からの補償が充実する様に願うしか方法が現時点では無いですね。

 

-精神病や鬱の生活と本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.