" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

交代勤務で不眠症になる理由は脳のリズムが変化

投稿日:

不眠症という問題も今の社会では多く抱えられてる内容になっていますが、実際に不眠は今後も増えてきている内容ある事には違いありません

 

 

 

そしてその中でも不眠に陥りやすい内容でもある「交代勤務がある仕事」の内容で、実際に不眠になってしまうのは脳のリズムの変化による可能性のものの理由を話していきましょう。

 

 

交代勤務で不眠症になる原因は生活リズムの脳の負担によるものが基本的に多い

 

 

結構交代勤務の仕事をされている方が不眠症に陥りやすい理由としては、やはり生活リズムが大きく変わりやすいというのが一番の原因であるのは間違いありません。

 

 

 

基本的に普通の時間帯が変わらない仕事になると、その分の生活リズムで行われるので大きな変化が起こらない事から、一日の決まった時間の動きと疲労を体感した内容で脳が受け取っているから、そのリズムで身体や脳を休ませる時間が大体決まっているから睡眠を取りやすいというのが普通の一般的な睡眠の内容になります。

 

 

 

しかし交代勤務というのが今回の不眠症の一番のキーワードの内容になりますので、交代勤務があるという事は働く時間も違うし睡眠を取る時間帯が違う生活を強いられるという事になるんですね。

 

 

 

そしてそれがどういう事かというと先ほどと違い同じ時間帯で動いていないという事から、当然身体や脳を休ませる時間も違うという事から負担が起きやすくなって脳内のリズムが生活リズムの変化によって変わって不眠症に陥りやすいという事ですが、内容としては「時間のリズム変化に脳の興奮と鎮静のバランスが崩れやすい」「体温の上昇と低下の流れから脳に負担をかける」といった2つの理由を深堀して話していきましょう。

 

 

交代勤務がある仕事で時間帯が違う際の脳のリズムの変化は生活リズムの変化から起こる

 

 

これは基本的に生活リズムの違い(普段動いている時間や食事している時間や睡眠をしている時間の違い)になるので、そうなってくると、身体を本来休ませるべき時間と動かすべき時間が違ってくるので、そうなってくると脳の身体に対する使い方も大きく変わってきます。

 

 

 

どう変わってくるかというと、食事の時間も変わってくる睡眠の時間が変わってくるという事になってくる事により、血液の流れによる体温の上昇や低下の状態が大きく変わってくる事もあり、その分大きく生活リズムが変化している事が脳に対しての負担も大きいという事にもなってしまいますので、それが交互に加えられたら実際に更に負担は大きくなってしまいます。

 

 

 

そしてその負担が掛かってしまった脳は、血液の流れにも変化が起きてしまってから、脳の動きが生活リズムの大幅な変化が交互に行われている事から脳神経の動きの正常な部分が動揺して、興奮と鎮静のバランスがおかしい事になってしまって、寝つきが悪いという状態になりやすいですね。

 

 

 

たまに生活習慣で夜中まで起きてしまっている事が当たり前になってしまって、早く寝たいけど寝れなくなってしまったってありませんか?容量としては同じような感じになります。

 

 

体温の上下の関係から交代勤務による身体の負担による不眠の原因を作ってしまう。

 

 

先程の血液の流れの関係からも体温の問題は出てきますが、問題は気温の関係の動きから体温が変動してしまうのもありますし、睡眠を取らない状態を行うと、気温の感じ方が敏感になってしまうので、そういった中で敏感になる事で興奮してしまう事から、勤務が終わってから寝付こうと思っても鎮静がかからずに眠れないなんて事もあります。

 

 

 

実際にその時期としては冬よりも、夏をまたぐ季節くらいが結構交代勤務の不眠の症状が起きている方が多いですね(結構そういう風に来院される患者さんは多いですね)

 

 

 

交代勤務で不眠症になる悩みを解決する為には

 

 

これについては基本的に肉体だけの内容の問題になってくる事から、症状としての対策としては長時間の睡眠が確保できない状態や、夜と朝の睡眠と起床が逆転してしまって脳に負担が掛かって敏感になり興奮状態になっている事になっている事ですので、結局は「鎮静状態に戻せばよい」という事になります。

 

 

 

しかし交代勤務の辛さは分かっているので、自分の努力瞳孔で行うのは結構大変になるので、ストレスにならない様に一番の推奨できる方法としては「心療内科で睡眠導入剤を処方してもらう」そしてそれを服用するだけで眠れるようになります(本当の不眠症の様に量が多く成分が大きい薬では無いので身体に害はないので安心してください)

 

 

 

なので、交代勤務がある状況になるというのが分かった時点で「備えとして睡眠導入剤を検討してる方も多い」ので、無理に自分で何とかしようと考えるとかえってストレスがかかってしまいます。

 

 

結論

 

 

実際の所で交代勤務を行うという事は生活リズムが真逆になったり、それによって本来のリズムで動くべき脳のリズムも変わってしまいますので、脳に負担が掛かって興奮と鎮静のバランスがおかしくなり不眠になってしまうという方は多いです。

 

 

 

また季節によっても体温の上下の流れが大きくて寝れないという方も少なくはないので、解決方法としては生活リズムを同じにすればいいというのが一番ですが、それは仕事を続けていく上で根本的解決では無い事から、心療内科をご利用される事でストレスなく改善する対策を得れるので、維持を張らずにさっそく問い合わせてみましょう。

-精神病の中の不眠症の大きな悩みと本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.