" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

精神病や鬱の生活と本音

精神病で産褥期からの症状は実は多い理由

更新日:

妊娠して産期までに至る間って女性の方は非常に大変な日々をお過ごしされているのですが、その中で産期までに至るまでに妊娠後の精神病を発症する方は意外と少なくありませんので、今回は何故妊娠から産期に至るまでの間で精神病が起こりやすいのかを話していきましょう。

 

 

精神病の産褥期の症状が増えているのは基本的に妊娠時の生活のストレスが多い

 

妊娠中はストレスが溜まりやすい

 

実は妊娠後から産期の間に至るまでの精神病の発症率は凄く多いんですね。(実際に妊娠中の方が心療内科に受診されている方が減るという事はありません。)

 

 

では何故妊娠後からの生活で精神病になってしまうのかという事なんですが、これはざっくり言うと「ストレスの関連の原因」になります。

 

 

この時点で「なんだストレスか~」ではないので気を付けてくださいね。(ここは本当に軽く見ないでください)

 

 

ストレスと言っても妊娠時のストレスは凄く重い負担のものがかかる状況になっており、その内容が「ホルモンバランスによるもの(体調不良も含む)」だったり「妊娠後の家庭内環境のストレス」のものが挙げられます。

 

 

で実際にそのストレスから「妊娠中の鬱が発症」という事に繋がっていきますので、この部分になる原因を深堀して説明していきましょう。

 

 

精神病の産褥期の症状の原因としては妊娠期のホルモンバランスの変化からのストレス

 

ホルモンバランス

 

これは本当に女性特有の症状になるのですが、妊娠をしてから体内の栄養が子宮内の胎児に送られてしまうので、その母体である母親の体内の栄養のバランスも変化してしまっている事から、女性ホルモンを始めとしたホルモンバランスが大きく変化してしまっています。

 

 

そういった事から当然血液循環も大きく変化している事から(下がる方に)、五感に関わる脳神経の動きにも大きく影響が出て(よく匂いに敏感とか、味覚が変わったってありませんか?実はそれです)、その脳神経にかかる負担が大きければ自律神経部にも大きく影響出て血管の収縮と拡張に関わるホルモン(アドレナリン系)の動きも悪くなってしまいます。

 

 

この時点で更に脳に負担が掛かりもするし、全身に対しても正常な体内の機能が行えなくなる(血液循環の低下による)事から、妊娠後の特有の疲労感や脳に対する負担からストレスが大きくなり、精神病(鬱)につながる事が多いです。(詳しくはストレスで精神病になるのは今後も一番多い原因だ!を参照)

 

 

どちらかというと体調不良を起こしやすい方の方が多いのかなっていう印象が強いですね。

 

 

精神病の産褥期の症状の原因としては妊娠後の家庭内環境によるのストレス

 

家庭的な理由での精神病の原因

 

こちらの原因の方も今は結構多い問題として注目されてますね。

 

 

例えば妊娠中に関しては、妊婦の方の体調って本当に個人差が大幅に違ってきますので、当然中には一人で「妊娠中の日常生活動作を行う事が困難に近い方も少なくはない」ですね。

 

 

しかしこれに関しては残念ながら、「同じ症状の辛さを経験している人間しか理解されず」という事が非常に多く、男性が分からないという事は勿論ですが、女性の身内側(実母や義母)が本人の辛い症状に対しての理解が無い場合など、きつくても「家事を強要してしまう環境」が出てきてしまい、それが蓄積されてストレスになって精神病になってしまう方も多いですね。

 

 

基本的にこれに関しては「周りの理解があるかないか」が大きく妊婦の家庭内のストレスを大きく左右されてしまうので、理解が無い家庭の中での精神病の数は「近いがある家庭より圧倒的に多い」というのは言うまでもないでしょう。

 

 

精神病の産褥期の症状を少しでも改善する為には?

 

精神病のストレスを改善するには?

 

やはり妊娠後のストレスからの精神病を防ぐ方法の事が皆さんは気になるでしょうから、こちらの方も勿論記載させていただきます。

 

 

まず家庭内の環境からくるストレスに関しては「理解をしてもらう状況を作る為に全員含めての話し合い」や「本当に相手を含む相手家族に理解してもらえないのなら実家に強制的に帰っても良い(離婚を視野に入れる)」位考えないと厳しい所ではありますね。

 

 

やはり「理解をしてもらえるかどうかが妊娠後から出産までの間が生命線になる」ので、理解をしてもらう為に産婦人科に同行して産婦人科医に妊婦の状態を詳しく説明してもらって理解を深める事が必要でしょう。

 

 

ホルモンバランスの変化からくる体調変化からくるストレスに関しては、尚更無理が出来ない状態になってしまうので「更に理解をしてもらう努力が必要」となってきます。

 

 

結構この時点で理解が無い状態になると旦那さんと喧嘩をして、妊娠時の離婚というのも珍しくない状態になっているので、精神病に対する理解と同じように妊娠時の苦労に対する理解の必要性も大きいという事を覚えておきましょう(男性女性両方に言える事です)

 

 

精神病の産褥期の症状についての結論

 

 

妊娠から出産の間というのは非常に大変な時期でもありますが、自分の体調の変化によるストレスを抱えている方も多いし、更に家庭の理解が無い環境下のストレスも少なくないので、どちらにしても両方だったにしても「理解を深める事が必要不可欠」という事になります。

 

 

何故こんな記事を書いたのかというと、実際に内容的には世間一般的に分かりきっている内容ではあるんですが、今回は念を押して理解を深めてもらいたいという気持ちから書いておりますので、出産の間でも大変だという事をご理解頂ければと思います。

 

-精神病や鬱の生活と本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.