" />

精神障害で悩む方向けの、実際の体験談を元にした奮闘記ブログ

精神病や不眠症などの悩みと本音

精神病や鬱の生活と本音

精神病の病院探しは実は難しいので注意!!

投稿日:

精神病になった時に皆様が心療内科を探して受診されるんですが、実は通院されて事がある方からすれば一度では良い所が見つからなくて何件も受診して良い所を見つけたという事実があり、今回は精神病に関わる病院探しは何故難しいのかを話していきましょう。

 

 

精神病の病院(心療内科)が昔よりも大幅な増加が困惑させられる原因

 

 

これは本当に精神病が病院を探したいという方にとっては、本当に大きな問題ではあるんですね。

 

 

 

ただ薬を出してくれるからいいって感じの内容なら、本当にどこの心療内科でも問題は無いんですが、治したいという意味での心療内科を探すとなると、どこに受診をしたら良い先生(ちゃんと客観的視点から考えてくれる先生という意味)がいるのかを考えながら探さないと、適当な心療内科に当たってしまう事で泣きを見る方は後を絶ちません。

 

 

 

という位に良い所と悪い所の差が極端に出てしまう位に、心療内科を探す際は昔よりも今の方が慎重にならないと後が怖いという訳になってしまうんですね。

 

 

 

では昔よりも困惑させられる原因としてなんですが「精神病の疾患数の需要性からの心療内科の競合化」「専門知識が薄い医師の増加」が中には一番多い原因だったのでこれらを深堀して説明していきます。(これは私の心療内科を含めて、その他の知っている心療内科を含めて体験した意見の話になります)

 

 

 

精神病の増加による需要を優先に心療内科の乱立が患者さんを困惑させている

 

 

 

これは本当に昔と比べて、今の心療内科の数は明らかに増加したと言っても過言ではありません。

 

 

 

何故かというと昔の心療内科の数は市町村に1つあれば良い所って感じでしたが、今では市町村に多かったら5件以上存在している所もあるので、県単位で言ってしまえば100件近くの検索がされてしまう事もあり得ますね。

 

 

 

当然増えていく=良い心療内科もしくは自分に合う先生がいる病院に巡り合える確率は低くなるという事になるので、実際に予約待ちを乗り越えてやっと受診が出来たってなっても、納得がいかない診察をされるという事も珍しくはなく、それが気に入らなくて転院をしましたって事は結構多いです。

 

 

専門知識が薄い医師の増加により通院する心療内科を選びにくい原因が作られている

 

 

私からすれば本音で言ってしまいますが、これが一番の患者さんが困惑させている元凶だと思っています。

 

 

 

その理由は凄く本音でぶっちゃけた話をしてしまいますが、私が働いている病院の先生の診察が半分以上不適切な印象しか感じない事が多いです(患者さんの症状に対して自分の意見しか押し付けてない感じですね)

 

 

 

そして別の先生に関しては診察の際に話自体を聞いていないという事もありました(なので薬の処方に関して、これ必要?って薬も普通に出してくるんですね)

 

 

 

これらの何がいけないかって事になるんですが、当然薬の効力が強い物があるという事は、それだけ身体に負担が掛かるリスクもあるという事にもなるし、人によっては実際に記載されていない副作用(害がない範囲なら記載しなくて良い)が出てしまう事もあるので、それが内臓に負担が掛かってしまう事もあるので、知識が薄い先生になってしまうと危険なんですね。

 

 

 

精神病の病院の良い所を探す為には?

 

 

これが一番の問題点になりますよね。

 

 

 

寧ろ精神病に陥った方は「良い心療内科を探す」という事を一番に頭で考えてしまっているので、反対に「下手な心療内科で治療したくない」という気持ちになっている方は少なくないでしょう。

 

 

 

ただ先ほども言いましたが、「心療内科の需要性による乱立」や「心療内科医自体の質の低下」という内容が増加したことにより、探すこと自体の難易度は格段に上がってしまっているので、そこを踏まえて「いかに良い心療内科を探すのか?」という部分を抑えていきましょう。

 

 

基本的に口コミやネットに書かれている内容を照らし合わせるしかない

 

 

これは本当に調べる手段としては非常に少ないんですよね。

 

 

 

電話で問い合わせをした所で、先生が直接話してくれるという訳でもないし、先生の情報を聞こうとしても「不利が無い情報を従業員に言わせるようにマニュアルがある」事から本当の情報は電話で得る事は困難ではありますね(先生の性別や年齢や自立支援の登録は聞き出せます)

 

 

 

なので良い心療内科を探すという事になるのなら、グーグルの口コミを確認して見て、更に実際に受診された方の意見を比べてから一致している内容が多いのなら、そこを受診してみるという感じで選んでみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

ただそれでも確実な方法では無いので、1回で良い所に巡り合えるということ自体が本当にラッキーになりますので、探す時は根気がいるという事だけを覚えておきましょう。

 

 

結論

 

 

現実的な問題なんですが、どこの病院も同じように医師自体の質が下がってしまっている事や、その中で心療内科が儲かるという事で乱立してしまっている事から、精神病の患者さん側が病院を探すこと自体が難しくて悩まれている状況は年々増えてきています。

 

 

 

実際に対策にはなっていないかもしれませんが、それでも根気強く情報を集めながら良い所を探し続けるという姿勢は続けていく必要がありますね。

 

 

 

中々簡単に見つかりにくいのが今の心療内科の事情になっておりますので、受診をされる際は十分に考えて行うようにしましょう。

 

-精神病や鬱の生活と本音

Copyright© 精神病や不眠症などの悩みと本音 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.